格安スマホはこういった点に気を付けよう!気を付けるポイントを知る

格安スマホに変えたいと考えている方に気を付けて欲しいポイントがあります。

1つ目のポイントは「通信速度が遅い時間帯があること」です。
格安スマホにすると通信速度が遅くなったと言う声も多く聞かれます。
通信回線をレンタルしている形なのでアクセスが集中する時間帯は速度が遅くなることが多いです。

格安スマホは通信速度が遅いから三大キャリアから変えたくないと考える方もいますが、格安スマホの中でも通信速度がそこまで遅くならずに、最低速度になったとしても高画質の動画も問題無く行える格安スマホ会社もあります。

2つ目のポイントは「かけ放題のプランはあっても時間無制限ではない」
通話の多い方はかけ放題のプランが欲しいと思うでしょう。
格安スマホにもかけ放題のプランは存在しますが、三大キャリアのような時間無制限ではなく5分や10分といった時間が決められています。
通話が多い方の場合、格安スマホで月々の基本料を抑えることは可能ですが、通話料が増えてしまいトータルするとむしろ高くなったというケースもあり得るので月々の通話料が高い方は格安スマホにしても結果として高くなってしまうという失敗に陥ることがあります。

ですが、友人や知人、よく電話LINEやSkypeのアカウントを持っていれば、通話が代用できるので通話料を抑えることが可能です。
LINEやSkypeなどのアプリ通話を活用出来れば通話を多くする方でも通話料が高くなってしまったという失敗も防げるでしょう。

3つ目のポイントは「キャリア決済が使えないこと」です。
キャリア決済は毎月のスマホ料金と併せて支払えるサービスのことで、例えば有料のゲームをダウンロードや課金した時の料金をスマホ料金と併せて支払えます。
格安スマホではキャリア決済は使えないのでゲームの課金が多い方は格安スマホが向かないかもしれません。
ただし、ワイモバイルの場合はソフトバンクのキャリア決済を利用できるので、どうしてもキャリア決済を外せないという方はワイモバイルを検討してみるのが良いと言えます。

4つ目のポイントは「自分で設定をする必要があること」です。
格安スマホは接続情報の設定などの初期設定を自分で行う必要があります。
説明書があるのでその通りにやれば出来るのですが、それでも心配な方は直営店がある格安スマホを選んだり、家電量販店に格安スマホ用のカウンターを設けているところもあるので、分からないことを直接相談に乗ってもらえるところがあるので、自分で設定するのは不安な方は実店舗の多い格安スマホを選ぶのがおススメです。

よって、通信速度が遅いことがある、かけ放題のプランはあるけど無制限ではない、キャリア決済が使えない、自分で設定する必要があるという点に注意し、格安スマホを選び方を工夫しましょう。
実店舗が多い店舗を選べば困った時の相談にも乗ってもらいやすいので、まずは実店舗で相談に乗ってもらいながら格安スマホにするべきか否かを考えることから始めるのが
良いです。

格安スマホのデメリット

巷やテレビを見れば最近盛んに格安スマホのキャリアの広告があふれていますし、ネットを見れば広告欄に格安スマホの広告を目にすることもあります。

それだけ盛んに広告をしている格安スマホなのですが、果たして良いものと言えるのでしょうか。今回この格安スマホデメリットについてお話しします。三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)ユーザーの方で格安スマホを検討している方は一度参考にして頂けると幸いです。

まず挙げたいのが回線の質です。格安スマホは全て自前の回線を持たずに運営をしており、三大キャリアのいずれかの回線を借りて経営しています。

一見三大キャリアの回線を使っているから問題がないと思われがちですが、借りている分アクセスが集中し混雑している時間帯に関しては三大キャリア自身のユーザーの通信が優先されます。

つまり混雑時間や通信環境が悪化した場合、通信速度が著しく低下するのです。動画やSNS程度であれば良いのですが、これが災害など一時を争う事態になったとしたら、相当な不便を強いられることは間違いありません。

スマホはいわばライフラインのようなものですから、そういったものの品質を高くするのは大切なことです。
取り扱い端末の質も低いものが多いです。iPhoneであっても型落ちや生産終了したものしかなく最新のモデルは、アップルストアなどで一括買い上げしない限り利用できません。

三大キャリアであれば分割出来てしかも割引が受けられるので、実質の負担額を考えると格安スマホのキャリアは果たして安いのか疑問が残ります。また、それ以外の端末に関しても聞いたことがないメーカーばかりで、かろうじてシャープが選べる程度のキャリアがほとんどです。

いつも使うわけですから、おなじみのメーカーが選べないのはデメリットと言えるのではないでしょうか。

実店舗がほとんどないというのもデメリットです。

操作に慣れていないと実際に聞きに行けるところがないということを意味します。

ただ最近は実店舗がある格安スマホ会社もあるようです。

店舗がある格安SIMを比較

これは大変不便で、電話でサポートを受けようにも混雑していることも少なくなく、口頭の説明だけで理解できるのはまれです。

なので、ネットなどを調べて自力で解決できない場合は大きなデメリットとなるのです。

格安スマホは全体的に価格を優先しているため、回線やサポートが物足りないものとなっており、万が一の対応が非常に弱いというのが全体的なデメリットと言えます。

そういったデメリットを克服できるのであれば導入すべきです。

極めてシンプルな料金になってる格安スマホ

皆さんスマホ利用してる理由は何でしょうか?自分はガラケーでもいいと思ったのですが周り次々スマホ変えていってなんとなくという方もいることでしょう。ですが、やはりそれほど通話しない人も多いものです。そしてスマホは月々料金高く設定されて、月額支払い料金がむかしにくらべえて負担になってると思い、そうした人こそ格安スマホへ乗り換えてみませんか・そしてこれなら2000~3000円で仕様ができて今まで5千円以上だったりしていたのがとても安くなります。さらに大手携帯電話会社のプランはとても複雑で、あまりよくわからないですすめられたものを申し込みしてることおおいです。そして、使えるデータ容量、音声通話有無などプランが分かれており、このプランは月額~円とはっきり決まり、もちろん料金シュミレーションしたければおすすめプラン診断などサイト上でできたりします。そして、ちょっと前まで大手携帯会社のデータ容量は1か月で7gb程度でした。それが今約半分の3gbが主流で、そのうち少ないところは1gb多ければ10gb等のものもあります。そして、格安スマホ事業者はとても多くて、多彩プランから選べたりするのも特長です。通信速度も事業者側で制限されていて、遅かったりして、早朝などつながりやすいですが、昼間などの時間はどうしても混雑してることが多くて、つながりにくいです。そして外出先で頻繁使用するのでなく家などでwifiによる通信をするのがメインといった方に最適です。そして、ドコモやソフトバンクみたいな大手携帯電話会社で買えるスマホ端末は性能がとても高いハイエンドモデルが主流であり、スマホを頻繁使用する方にとってとても満足できたりします。そして、格安スマホのスマホ端末は性能抑えたミドルレンジモデルが中心であり、そもそもスマホ端末は性能に比例して、値段変わり、それほど性能高くなくてもよいので料金やすいスマホ求めるのなら、ミドルレンジモデルなどでもいいでしょう。そして皆さんがいま利用してるメールはどこもなら、docomo.ne.jpなどという方が多くて、格安スマホはこうしたものが使えなくなります。そしてgmailなど無料サービス利用が可能です。そして、大手3キャリアで契約をすればすぐ電話などできたりする状況にしてスマホ渡してくれて、格安スマホはそうしたことを自分でやることになります。そして、格安スマホは料金体系は極めてシンプルですからぜひ検討してみてください。